Masatori.link

東日本大震災から5年。

calendar

reload

みなさん、こんばんは。
加藤雅人です。

さて、今日は3月11日です。

つまり、あの大震災が起こった日。

そして今日は5年目を迎えます。

まず、自分のことについて書く前に、
この震災で亡くなった方々のご冥福をお祈り申し上げます。

さて、あの日から今日で5年経つわけですが、
僕は被災地域に住んでいたわけでも、住んでいるわけでもありません。

なので、被災地の復興がどうなっているとか、
そういったことにはあえて言及せずに今日のブログは書いていきたいと思います。

Sponsored Link


5年前のあの日、あなたは何をしていましたか?

僕は、小学6年生で卒業を目前にしていました。

学校から帰ってテレビを見ると、これまで目にしたことのないような光景が広がっていました。

最初は何が起きているのか全然理解できなくて。

でも、テレビを見続けていると、大変なことが起きているんだ、ということに気づきました。

そこからはずっとテレビにくぎ付けでした。
当時まだ日本ではポピュラーな存在ではなかったUSTREAMで情報を流し続けた。

前代未聞の災害で日本全体が揺れていた。

津波、原発事故、帰宅困難者…。

何が何だかわからないでいた。

しかし、その中でボランティアなどの活動する中学生や高校生の姿に感動したことははっきりと覚えている。

だから俺は変われたのかもしれない。

あの日を境に人生が変わった、とか、
やりたいことが見つかった、という人は少なくないはずだ。

僕もその中の一人に入るのだろうと思う。

被災地で何かしら頑張っている同年代の高校生がいるのだ。

それを思うと、居ても立っても居られない。

だから、人とのつながりを僕は無意識のうちに求め始めていたのだと、
冷静に考えてみると、そうなのだと思う。

これからもきっと僕は人とのつながりを求めて走り続けるだろう。

一生懸命、何かに打ち込むことのできる尊さに触れながら。