Masatori.link

「NEW LIFE!」 Vol.1 イベントレポート!

calendar

reload

どーも、加藤 雅人(@Masatori_link)です。

さて、今回は6月25日(土)に、鳥取大学地域学部サテライトキャンパス SAKAE401で行った、「NEW LIFE! Vol.1 ~TEDを見ながら話してみよう~」の模様を紹介したいと思います!

Sponsored Link


当日のタイムテーブル

NEW LIFE! Vol

当日は、3人のプレゼンターが1本ずつオススメのTEDトークを紹介し、それを見た後に4人で1グループを作り、フリートークを楽しんでもらう、という構成にしました。

また、トークタイムごとに席替えを行い、いろんな人との出会いや会話を楽しんでもらうことにしました。

 

イチオシTED① プレゼンターは加藤 雅人

今回のNEW LIFE!のトップバッターは僕でした。紹介したTEDトークは、アブハ・デウェザールさんの「『デジタルの今』を生きる」

アブハさんがニューヨークでハリケーン・サンディに遭遇した時の体験から、デジタルやITによって人とのつながりを求めている社会において、重要なものは何なのか、という疑問を投げかけるTEDトークでした。

このTEDトークを見た後のフリートークでは、現代の人と人とのつながり方や、参加者それぞれの現実や経験に対する価値観などについて話し合いました。

僕が参加したグループでは、SNSやデジタルデバイスとの上手な付き合い方についての話が中心でした。実体験をすることは大事だけど、その入り口はSNSだよね、とか、SNSに友達がアップしてる料理の画像を見て、それを食べた気になっちゃう人もいるよね、といった話をしました。

 

イチオシTED② プレゼンターは平島 和貴さん

鳥取大学農学部生物資源環境学科 フードシステム科学コースの2年生である平島さん。今回紹介していただいたTEDトークは、ジェイミー・オリバーさんの「子ども達に食の教育を」

イギリス出身の料理家、ジェイミー・オリバーさんが、アメリカのウェストバージニア州を訪れたときのエピソードなどから、私たちがどれだけ食に無知であるか、そしてまた、食の教育がいかに必要であるか、について話すTEDトークでした。

このTEDトークは平島さんが大学を選ぶ時に今の学部を選んだキッカケにもなったそうです。

見た後のフリートークでは、お互いの日々の食生活や、海外と日本の食育活動の違いなどについて話し合いました。

僕が参加したグループには平島さんもいらっしゃって、ナゼこのTEDトークが学部選択のキッカケになったのか、とか、大学での学びなどについても話しました。

 

イチオシTED③ プレゼンターは村瀬 謙介さん

今回最後のプレゼンターは、会場の鳥取大学地域学部 サテライトキャンパス SAKAE401の管理人である村瀬さんです。紹介していただいたTEDトークは、ティム・アーバンさんの「先延ばし魔の頭の中はどうなっているか」

アメリカのブロガー、ティム・アーバンさんが自分の経験をもとに、なぜ、ダメだと分かっていても仕事をギリギリまで先延ばしにしてしまうのか、ということについて話すTEDトーク。

面白い絵やキャラクターを使った、とても分かりやすく、共感しやすいTEDトークでした。

見た後のフリートークでは、このTEDトークに共感する、といった声が多いなかで、どうすれば先延ばししなくなるのだろう?といったことについて話し合いました。

僕が参加したグループでは、このTEDトークでも出てきた人生カレンダーについてや、それぞれが実践している物事を先延ばしにしないようにしていることを話しました。

Sponsored Link


もともとの目的と照らし合わせてみて…

IMG_4452_convert_20160627193228

今回のイベントを企画したもともとの目的を思い出してみたいと思います。それは、「小さな規模ではあるけれども、参加してくれた人の生活が次の日から少しでも良くなっていく」こと。

各TEDトーク後のフリートークでは、日々の生活で実践していきたいことや、お互いの価値観などについて共有できたので、この目的は達成できたと思います。

僕自身、3つ目の先延ばしについてのTED後のフリートークで物事を先延ばしにしないように実践していることを聞けたことはとても大きかったなと思います。

 

反省点

今回は小規模(参加人数13人)で行いました。これは予想とほぼ同じくらいでした。小規模な方が、より濃い話をお互いにできると思っているので、現時点ではこの形式での継続を考えています。

ただ、高校生の参加が0だったのは残念な要素です。1回目で少々お試しイベント、という感じだったので、あまり高校生に対しての告知を行っていなかったのが理由ですが、次回の開催以降は高校生の参加も見込めるように工夫をしていきたいと考えています。

また、トークイベントだったのですが、飲み物やお菓子などを準備できませんでした。(正確に言うと準備する費用がなかったのですが…)

参加者の方からは、大人であれば2~500円ぐらいを飲み物代などを参加費として出してもいいかな、という意見もあったので、次回以降はこのような仕組みも取り入れていきたいと思っています。(学生は割引or参加費無料にする方向です)

 

次回の開催は…?

1回目が終わるとすぐ、参加者の方から「次はいつするんですか?」の質問をいただきました。本当にありがたいご質問です。

僕自身、今年は受験も控えているので、月に1回程度、今回のような小規模であれば続けれると考えています。

会場や僕のスケジュールとの兼ね合いで、まだ発表はできませんが、次回は7月下旬の開催を予定しています。

ぜひお越しください!!!